カジノは公営競技よりも勝ちやすい

カジノも最終的には客が負けてしまうようにできてはいますが、日本の公営競技やパチンコに宝くじと言ったギャンブルから比較をするとはるかに勝ちやすいものとなっています。
どれも同じギャンブルであることは間違いありませんが、還元率の違いからカジノは勝ちやすくなっているのです。
ギャンブルで大きく勝ちたい、あるいはできるだけ負けないように長く楽しみたいと思った時には勝ちやすい負けにくいものを選部ことがポイントになってきます。
カジノは他のギャンブルと比べてどのような辺りが有利なのかというと、90パーセント以上もある還元率にあり長い目で見たときに賭け金の9割程度が返ってくることになるので負けにくくなっていて、これだけの還元率があれば確率の揺らぎによっては勝つこともあるのです。

カジノの還元率は90パーセントをオーバーしている一方で、日本の公営競技や宝くじはどのぐらいかというと公営競技で75パーセント程度、宝くじに至っては50パーセント未満のお金しか返ってきません。
前者は一度の賭けで賭け金の四分の一を失ってしまうことになり、後者に至っては買った瞬間に半分以上のお金を損しているということになります。
公営競技の場合には自ら予想をして購入をするという技術介入をする要素があるので、75パーセント以上のお金を回収することはできないわけではありませんが、それでも25パーセントも胴元に取られてしまってはこれを超えて勝つというのはかなり難しいものとなってしまいます。
つまり、日本でできるギャンブルというものは勝ちづらく負けやすいものとなっているのです。

このように還元率の差の時点でカジノは勝ちやすいようにできていることに加えて、ゲーム自体がシンプルであるため紛れが起きやすいという利点があります。
長期的には必ず確率の通り負けてしまうのですが、逆に短期的に大きくぶれやすいので波に乗って大きく勝つことができれば勝ちやすいといえます。
カジノのゲームは勝つか負けるかは半々ぐらいというゲームが多いので、勝っているときにそのまま勝ち金を転がしていくような賭け方をすれば、ハマったときに大勝ちをすることができるポテンシャルを秘めています。
還元率の差に加えてシンプルなゲーム性と勝ったときに大きく勝つことができるという仕組みがあるため、カジノは勝ちやすいということになります。
もちろん、簡単に勝つことができるものではありませんが、公営競技宝くじ等と比較をすればずっと有利なので違いを抑えておくと良いでしょう。