カジノの経営ノウハウを持つ企業

日本では競馬や競輪、パチンコなどの遊戯は認められていますが、まだカジノに関しては解禁が行われていないため、日本の企業の中にはカジノの経営ノウハウを持つ会社はありません。しかし、世界に目を向けてみると、現在ギャンブル産業に留まらず、色々な業種が多国籍企業化しており、一つの国に留まらずに複数の国や地域で経営を行っている事例が多くあります。成功してる事例を見てみると、小規模投資ではなく、大規模投資により成功を収めていますので、歴史と経営ノウハウのある大きな会社の方が経営に有利に働いていることが伺えます。近年では国家による誘致合戦が加熱していますが、運営権を譲渡するにあたっても、資本力の大きな会社の方がすぐに経営が行き詰まるリスクが少なく、運営権の選定においても好まれる傾向にあります。

かつてカジノは上流階級の方など一部の特権階級の遊びでした。貴族の社交場の役割を果たしてきた背景もありますが、現在ではファミリーも含めて気軽に遊びに行くことが出来る一大レジャー産業と姿を変えています。日本においても、カジノと聞けがラスベガスを重い浮かべる方が多いものですが、ラスベガスのような明るい、ファミリーでも遊びに行くことが出来るレジャーランドを築いたのはラスベガス・サンズです。サンズは現在カジノ市場においてシェアのトップに君臨しているとされている大企業ですが、サンズと聞いて、マリーナベイサンズを思い浮かべた方もいらっしゃることでしょう。サンズはシンガポール政府から運営権を得て、近年シンガポールにも進出し、成功を収めた企業としても名を知られた会社になります。

パイザカジノで遊べる全種類のバカラを徹底調査してみた

近年では中国系の会社経営者もその手腕を奮っています。特に中国から特別行政区として指定されているマカオにおいては、主要な産業がカジノであるということもあり、大規模カジノホテルの建設や整備が進み、今や売上高世界一を誇ります。世界中から観光客が訪れますが、その観光客を満足させる企業の多くが中華系の経営者が経営手腕を握っています。特にマカオで知らない人はいないであろうスタンレー・ホーが率いるSJMホールディングスのカジノホテルはマカオのシンボル的存在になっています。その特徴的な建築デザインで有名なグランド・リスボアを始め、複数のホテルを運営し、マカオの産業を牽引しています。日本でも将来的に法整備がされた暁には、このような巨大な資本が参入してくることが予想されています。