規制緩和が進むカジノ業界

世界中でカジノの規制緩和が進んでいます。特に近年の緩和のスピードは目を見張るものがあります。これまでカジノというと、経営の実権を握っているのがマフィアであり、その存在を危惧したり、周辺の治安が悪化するのではないかと懸念されてきた歴史があります。しかし、近年規制緩和が急激に進んだ背景には観光資源としての潜在的可能性と、純粋なビジネスとして経営が行われるようになったことが上げられます。特にアメリカのラスベガスにおいては、徹底して経営からマフィアの排除が行われ、現在では純粋なビジネスとして複数の企業が経営を行っています。また、ビジネスとしての成功を目にした国から誘致を受けて、多国籍経営をも行う時代になっています。今では、観光客が集まる大都市にはなくてはならない存在になってきています。

現在ビジネスとしてカジノの運営を行う場合、多くの国や地域では政府による認可を取得することにより経営権を得ることが出来ます。政府により、その企業の透明性や経営陣の人脈など少しでも反社会組織の片鱗があるような企業はカジノ産業に参入出来ないようになっています。国によっては政府そのものがカジノの運営を行うことによって不透明な要素を徹底的に排除して観光客が安心して遊ぶことが出来る環境を整えています。また、観光客に訪れてもらうためには、周辺の治安を安定させなければ観光客は訪れるようにはなりません。わざわざ海外の治安の悪い場所へ足を運ぶことは通常考えられないことですので、治安も良く、また綺麗に清掃されたクリーンな場所に保つようにカジノのある街では努力を続けています。ラスベガスも治安の安定に成功している街として知られています。

パイザカジノで遊べる全種類のルーレットを徹底調査してみた

近年特に観光産業で国の財政を支えている国においてカジノの規制緩和が進んでいます。これから発展途上国で旅行や遊ぶことにお金を使うことが出来なかった人たちの所得が上がり、世界中で旅行者が増えることが予想されています。特に旅行産業が国の主要産業である国にとっては観光客にとってより魅力的な観光地となることで、多くの観光客を誘致する必要があります。規制緩和は日本国内においても検討が進んでおり、近い将来カジノを含めた統合型リゾートを建設する議論が進んでいます。日本では既に競馬やパチンコなどの娯楽がありますが、外国人観光客にとっては馴染みのないものですので、世界共通ルールで遊ぶことが出来るスポットを創設することは観光産業にとっても、地域活性化にとってもプラスとなる可能性があります。