東京タクシー事情 有楽町駅を攻略して勝ち抜こう!

有楽町駅は隣が東京駅なので忘れられがちではありますが、実は大手町や銀座とも近く利用者数のとても多い駅なのでタクシードライバーにとってもねらい目となる駅と言えます。国際フォーラムで大規模なイベントがある場合などタクシーの出番も多い地域と言えます。現代の東京タクシー事情においてはそういったねらい目を外さずにいかに確実に乗客を確保するかが重要です。

有楽町駅のタクシー乗り場はビックカメラ前か京橋口となります。そこで乗客を捕まえることがまず基本となっています。インターネットの設備が充実し、必ずしもオフィスで仕事をするのが当たり前ではなくなった今の時代であっても、やはり、有楽町駅のような駅周辺でいかに乗客を捕まえることができるかが今の東京タクシー事情の中で勝ち抜くキーポイントとなります。

ただし現在の東京タクシーのルールにより駅付近には様々な規制があるので、付近を流して乗客をつかまえることもできます。流しで乗客を捕まえるには国際フォーラムの前の道をいかに攻略するかが重要です。駅から離れているので乗り場でタクシーを捕まえるよりも流しで捕まえたいと考える乗客が多く、乗客にとってはどちらの方向のタクシーも捕まえることができ使い勝手の良いポイントとなっているのです。ここをいかに効率よく使って乗客を捕まえ、目的地に送り届けた後にまたこの場にどう効率よく戻ってくるかを考える必要があります。できれば往復乗客を乗せることができればなお良いでしょう。

現在の東京タクシー事情ではそのようにして乗客にとって使いやすいポイントを理解してそこにいかに自分の車を選んでもらえるように誘導するかがドライバーの実力と言えます。そこを攻略して乗客の数を増やしていくことで収入を増やしていくか、それが今の東京タクシー事情の中での最大の攻略ポイントです。

有楽町駅は付近に東京駅、銀座、大手町がありその間に立地していて多少地味とも言えます。逆に言えばタクシードライバーからすれば穴場ともいえる可能性を持ったポイントでもあるでしょう。他の地域や駅でなかなか乗客を獲得することが難しくても、有楽町駅のタクシー乗り場と流しでの乗客確保をうまく組み合わせて活用することで勝ち抜いていくことも十分できるでしょう。また日中と夜間で客層も違ってくるので、乗客への対応に気を配り選ばれるドライバーを目指していくことが東京タクシー事情の中でのドライバーとしての最大の攻略法となるはずです。