東京タクシーで稼ぐための田町駅攻略方法

田町駅は港区でJR山手線の駅です。ここは東京タクシーで稼ぎたい人は攻略方法を知っておくべきポイントになります。田町駅は会社も多く、会社では条件によってタクシー代が出ることがあります。タクシー代が出れば長距離の移動をしてくれやすいので、田町駅は単価が高いお客さんを拾いやすいです。そのため、積極的に攻めていきたいところになります。もちろん、普通のお客さんも利用するので、攻略ポイントとしてはなるべく単価が上がるお客さんが狙える時間帯を考えてここでお客さんを拾うことです。そのためにおすすめの時間帯はまずはお昼前後の時間帯になります。

お昼前後が攻略ポイントになるのは、取引先へタクシーに乗って移動する人が多くなる時間帯だからです。仕事での移動の場合はタクシー代を出してもらえるので、長距離で単価を稼ぐことができます。これなら、ただやみくもにお客さんを乗せるだけよりも効率的に稼ぐことができるでしょう。また、夕方から夜も仕事終わりのサラリーマンを狙えるのでおすすめの時間になります。帰宅にタクシー代が出る場合は昼頃と同様の理由になりますが、それ以外にも飲みや遊びに出かける人を狙えるのがポイントです。遊びに行くのにタクシーを選ぶ人は比較的お金に余裕がある人なので、中には長めの距離を乗ってくれるお客さんも多くなります。深夜帯に近くなっていくと、終電を逃した人や水商売関連の人が利用してくれますが、こうした人たちも長く乗ってくれやすいので稼げます。そのため、夕方から夜の時間帯で稼いだ後は終電前後まで少し休憩して、終電前後で一気に稼ぐという戦法が使えます。

このように、東京タクシーで稼ぐためには時間帯を意識することで単価を上げることが可能です。ただたくさん乗せているだけでは、短い距離のお客さんが多くなってしまうこともあるので、あまり稼ぐことはできません。東京タクシーの会社の多くが歩合制を採用しており、いかに多くの売り上げをあげられたかどうかは収入に大きく影響してきます。しかし時間には限りがあり、お客さんを次に乗せるまでに時間もかかるので、単価が低いだけだと数をこなしているのに売り上げが引くという事態になってしまいます。東京タクシーは都市部だと初乗り運賃が安く設定されていて、加算距離が高いという特徴になっているため、東京タクシーで稼ぐためには単価が高くなるお客さんをいかに多く乗せるのかが攻略ポイントになるのです。