東京タクシードライバーで稼ぐための蒲田駅攻略情報

東京タクシードライバーで稼ぐために欠かせないのが、駅ごとの攻略方法を考えることです。ここでは蒲田駅の攻略の参考になる情報を紹介します。蒲田駅はJRですが、京急の蒲田駅もあります。二つとも離れているので、お客さんを乗せるときに間違いがないように注意しましょう。蒲田エリアは住宅街もありますし、企業や工場もあるエリアです。そのため、利用者層は広いので時間帯ごとの攻略を考えるのが良いでしょう。まず、一番稼げる基本の時間帯は、やはり終電前後の時間帯になります。終電を逃した方や混雑する終電で帰りたくない人を拾うことができます。これは蒲田駅に限らず、東京タクシーで稼ぐための基本的なことです。特に会社が多い場所には当てはまりますが、蒲田は前述のとおり企業や工場もあるので、そうした人による利用を想定することができます。

蒲田駅は比較的お客さんを乗せやすい場所です。待機場には比較的多い台数を確保できるようになっていますが、利用者が多いので列を作って待っていることもあります。終電前後の時間帯もそうであることが多いので、回数をこなすためにも夜はお勧めになります。東京タクシーは初乗り運賃が安く、距離も1キロメートルに設定されているので短い距離だけではあまり稼ぐことができません。逆に加算運賃は他地域に比べて高めになっているため、長い距離の移動をすることができれば単価が上がって効率的に稼ぐことが可能です。そうしたことを考えると、東京タクシーで稼ぐためには人を拾いやすくさらに単価が高い人の多い時間帯を狙いたいところですが、それには終電前後がぴったりになります。

早朝の時間帯も意外に稼げる時間帯になります。通勤ラッシュは電車だけではなくタクシー需要にも影響するからです。蒲田駅から比較的短い場所へ移動する方も利用しますが、ここが地元という方は遠くへ出社するのにも利用することがあります。どうせ乗せられないよりは乗車回数を稼げた方が収入にはつながるので、この時間帯は数を稼ぐことを考えても良いでしょう。ビジネスマンが取引先への移動を行う昼前後の時間帯も意外とねらい目になります。このケースでは会社からタクシー代が支給されることになるので、比較的長い距離も載ってもらいやすいです。このように時間帯を意識すると、同じ蒲田駅でも稼ぎやすくなります。東京タクシーではこのように時間帯を意識してターゲットを狙うのが効率的に稼ぐことにつながります。