東京タクシー攻略!日暮里駅で客を捕まえるためには?

日暮里駅は山手線、京浜東北線、常磐線、京成本線が乗り入れています。乗り換えにも便利な駅で通勤通学に多くの人が利用しています。近年は谷中が観光スポットとしても知られるようになり、観光客が訪れるようになったのも特徴です。利用人口が多い分、東京タクシーで営業する場合の攻略ポイントの一つになっています。

メインは東口ロータリー
日暮里駅を攻略する上の基本になるのが東口のロータリーです。タクシー乗り場が存在するため常にチャンスがあります。安定して稼ぎたいのであれば東口を中心に、どんな営業を組み合わせるかが鍵です。時間や曜日によって若干客層が変わるものの東京タクシーで安定性を求めるなら東口になります。急な雨などになればそれだけ人が集中しやすくなるのもポイントです。天候や人の流れを見つつ活用することが大切です。

西口でもタクシー利用客は捕まえられる
西口でも東京タクシーを捕まえたい人は多く、流しで営業する人もいます。東口ほど安定性が高くないことと、タイミングがかみ合わないと待ち時間に対する収益効率が悪くなるのがネックです。東京タクシーを利用したい人が何時ごろに多いかを見極め、自分の勤務時間とセットですりあわせるのが基本になります。周辺の飲食店の情報やイベント情報もチェックし、人の流れに応じて東口と西口を切り替えられると攻略が一気に進みます。

日暮里駅周辺のホテルなどの情報も抑えておく
日暮里駅攻略でチェックしたいポイントは他にもあります。日暮里駅周辺はビジネスホテルが多く、休日などは観光客がホテルを利用することが増えます。地理がわからない観光客を捕まえれば長距離の移動で客単価が上がる可能性が高いのがポイントです。ホテルの位置からタクシーを捕まえたい人が多くなるであろう通りを予測することも大切です。もちろん、ホテル側からタクシー会社に連絡が来るケースもあります。谷中周辺を含め、観光事情を詳しく知ることも重要になります。タクシー運転手は接客業としての要素が強く、評判が良ければリピートも捕まえやすくなるからです。チップを貰えるチャンスも増えるため、接客の品質を向上させることも大切です。効率だけを求めて接客の品質が落ちると結果的に自分の収益に関わることもあります。タクシー会社の評判が下がれば、自分の仕事に影響が出ることもあるからです。顧客の心理を考えた上でうまく立ち回ることが日暮里駅周辺での東京タクシー攻略ポイントになります。