国分寺駅を攻略して東京タクシーをマスターしよう

東京タクシー業界で売上アップを目指すなら、都心の道順などをマスターするのはもちろん、出来れば郊外の駅も攻略しておきたいところです。東京タクシー業界の中でも、長距離のお客さんは非常に喜ばれます。時間効率も良いですし、何よりその日の売上が一気にアップするのが魅力です。今回は、東京タクシー業界のターゲットとするお客さんがよく利用する、国分寺駅の攻略方法について考えてみましょう。国分寺駅は、JR中央線や西武国分寺線、西武多摩湖線が乗り入れる駅です。都心へのアクセスも良く、緑が多い都市で子育て世代が多く住んでいます。東京タクシー業界で働いているドライバーなら、深夜の飲み屋街などから国分寺駅や市内まで向かったという経験があることでしょう。

国分寺駅の攻略のためには、まず営業区域を知る必要があります。国分寺駅自体の所属は、東京都国分寺市本町2丁目ですから、北多摩交通圏です。タクシー乗り場は、駅の北口と南口に設置されています。東京タクシー業界では、ここの駅では基本的に流しでお客さんを拾うことは難しいと言われており、出来ればタクシー乗り場でお客さんを見つけたいところです。駅ビルが大きく、買い物などはここで済ませるOLさんや主婦が多いのが特徴とされており、JRなら新宿へのアクセスも良好ですから、新宿エリアへのお客さんを狙える可能性もあります。北口のタクシー乗り場はやや遠いので、南口のほうで乗車をするお客さんが多いようです。現在は駅前を再開発しているということもあり、北口へのアクセスが良くなればどちらの乗り場からも、お客さんが期待出来そうです。

国分寺駅攻略で欠かせないのは、駅の南口です。駅の南口のタクシー乗り場は、外を出てすぐ手前側に設置されています。郊外からのお客さんを乗せるのであれば、チェックポイントとして活用できるでしょう。国分寺は東京から約30キロメートル離れています。長距離のお客さんとしては、非常に嬉しいお客さんと言えるでしょう。住宅街や町中は複雑な道が多く、自宅まで希望されるお客さんには出来るだけ誘導をお願いしておきましょう。駅を希望された場合は、北口か南口かを把握できると、降車しやすいと考えられます。南口周辺は坂道が多いと言われており、こうした場所の場合はお客さんを期待することが出来ます。出勤の時間帯には、こうした地域から都心へ向かうお客さんを乗せることが出来る可能性があるでしょう。